パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2004年9月8日その1
9月4日5日6日7日8日その18日その2 | 9日10日11日


←9月7日へ

9月8日その2へ→

2004年9月8日 臥龍
08:00起床
08:40大熊猫苑入場(1人30元)
12:00熊猫餐庁で昼食、昼食後熊猫山荘へ戻り休憩
13:40大熊猫苑へ再入場
17:00大熊猫苑退場
21:40就寝(臥龍泊)


ホテルの窓からの景色
この時はまだ朝7時過ぎ、とってもさむーい!!


パンダのオブジェと臥龍の山並み


開店前の土産物店


お〜! 2年前と全然違う!!

開園前の大熊猫苑入り口前にて


“出勤”する土産物店の女性ら


笹を各運動場に配ってまわる


臥龍基地の目玉といえば、7頭の仔パンダでしょうね
まずはこの仔パンダたちからご紹介していきましょう!!

笹の葉タイム  2分10秒 音声なし 1.63MB 100Kbps 564KB 34Kbps
思い思いの時間  1分20秒 音声なし 1.01MB 100Kbps 346KB 34Kbps


木の遊具の上にいることが多いです


ミルクを飲み干すと必ず口回りを拭かれます


お代わりはないの〜??


気持ちよさそうに寝ています

足を捕まれ、噛まれています
仔パンダとの触れ合いに挑戦!


触られても黙々と食ってる…

午前のミルクタイムが始まりました


ミルクのあとは“パンダ団子”です


待ってよ〜

ちゃんと現役で使われています
「金子貴俊くん滑り台」と仔パン

おうっ!
結構重くて簡単には持ち上がりません

背中の仔パンの顔がゆがんでいるよ…
上から仔パンダが落ちてきて…

すぐ近くに仔パンダが4頭も!!!
後ろから捕まれて、頭をかじられました!!!

もたれかかる奴、食ってる奴、ぼーっとしてる奴
すぐ近くに人間がいても「我、関セズ…」

あわてて駆け寄る飼育員さん
服に噛みついて離さず、顔が引きつっています
泥まみれの奴もいました
朝露のせいでしっとりと濡れていました


はいはい、写真撮影の邪魔だからどいてね


私の手を、この時まさに噛もうとしていました


結構顔がデカイのです


滑り台逆登りに挑戦中…

何か?


誰、サルみたいっていうのは?


足に爪を引っかけられて取れません…


ニンジンやトウモロコシを
混ぜて作った特製パンダクッキー


やれやれ、人間の相手は疲れる…


仔パンダとの触れ合い、他の人たちの様子

重なっている…
人間のまねをしているようです


一段落してくつろぐ仔パンら

大好物のタケノコ



何だ、何だ、エサの時間か?


しがみつかれています…

どこがどうなっているのやら…
こちらは特製パンダ団子


ほんっとうに、だれていますねー


パンダのなる木。実は7個あります


午後のミルクタイムです。おしりがかわいい

絶対に逃れられません
必死に抵抗する仔パン


比較的素直に口回りを拭かれています
ボウルの中に顔を入れるので、ミルクでベトベトになるんですね。
ごくごく。

ごくごく。
この仔パンダは…

後ろ脚を投げ出して。
ミルク後のパンダ団子を食べる仔パン

何度も飼育員さんに引き離されていました
特製パンダクッキーの横取りをたくらむ仔パン

待望のミルクタイム  4分00秒 音声あり 4.40MB 148Kbps 1.01MB 34Kbps

←9月7日へ

9月8日その2へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.