パンダ館へようこそ! このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
パンダとのふれあいインフォメーションと交通アクセス |
パンダ館Top Page > パンダ館もくじ > 中国熊猫旅行 > 2006年9月27日その1
9月23日24日25日26日27日その127日その228日29日30日10月1日

中国熊猫旅行

←9月26日へ

9月27日その2へ→

2006年9月27日 臥龍 雨のち曇り、夜雨
6:30起床
8:00臥龍基地入場、臥龍大熊猫倶楽部にてボランティア申込、作業開始
11:45熊猫餐廳にて昼食(〜12:40)
14:30午後の作業開始
17:20作業終了
19:40夕食
24:40就寝(臥龍泊)


熊猫山荘からの景色。時刻は午前7時すぎ
あいにくの小雨模様ですがそう寒くはありませんでした

 臥龍基地でのボランティアについては、いまでは日本の大手旅行会社によっても「パンダの飼育体験ができる」と銘打ってツアーが組まれており、とても気軽に参加できるようになりました。そこで「個人でもボランティアに参加できるはず」と臥龍基地に問い合わせたところ、もちろん個人でも参加できるとの返事を得て、1日だけですがやってみることにしました。作業着レンタル料や管理費名目で1人200元必要ですが、普段入れない場所に入って肉体労働をしたりエサをやったりと貴重な体験ができました。また獣舎や運動場の掃除さえ済めばその後は自由時間が多く思う存分パンダを見られますし、ボランティアに参加して本当によかったと思います。竹というものはとても重く、エサやりや掃除は大変な肉体労働でした。


午前の休憩時間に


業務用HDDレコーダーで記録しているようです



サボっているのではありません、念のため。

産室内を映すモニターが並ぶ部屋にて


職員しか通れない通路からは
赤ちゃんパンダを抱いたお母さんが見られます


エサのニンジンを運ぶところ


通常は見学できない獣舎内にて。大量の食べ残しの笹や竹、ウ●コなどを掃除しました
この写真は掃除のあとでビスケットをやっているところです。3頭とも夢中になって食べていました


作業着なら入退場フリーパスです



休憩中の一場面です

昼食は熊猫餐廳でとりました
青椒肉絲、トマトと玉子のスープ、豆腐の煮込


日本の某バラエティ番組が建てた小屋
現在は台湾へ贈られる予定のパンダである
団団・円円の管理室と札がかかっていました


白黒模様がはっきりしています。生後1〜2ヶ月くらいでしょうか


なんともふわふわそうな毛ですね


保育器によってはこのように2頭の
赤ちゃんパンダが入っているものもありました

後ろ足にはもう立派な爪が見えます


こちらの赤ちゃんパンダはまだピンク色です
まだ生後1〜2週間といったところでしょうね


前足がたぷたぷです。耳の毛を切りそろえてあげたいですね(笑)


奥のパンダは白くて細いしっぽが見えます


なんとか撮れたほぼ正面の顔

ピクピク動いていました


カビ生えまんじゅうのようです


昨年生まれた子パンダは2グループに分けられていました。 こちらはそのうちの1グループです


下でひっくり返っている子がいます


そんな格好で落ちないの?


寝ころんで食べるのは楽だからなのでしょう

喰う奴、うろつく奴…


問題:何頭のパンダがいるでしょうか?


平和そのものです


堅太りの寸詰まり体型


跳び箱で失敗しました


みんなそろってお昼寝の時間です
ちなみにこちらはもう1グループの子パンダ


あっちでもこっちでもお昼寝


仲良く並んで寝ています

耳がケバケバです


短い足を懸命に突っ張っています


木のてっぺんにいる奴も寝ています



木のこぶの上で寝ています


ちょっと寝返りをうったら落ちそうなところでも…


そろそろ眠りから覚めて活動する奴が出てきました


ここでも木のてっぺんでは足を突っ張っています


うぐぐぐ、重たいよ〜


地面にまかれたエサを食べる子パンダ


あお向けに寝ころんでタケノコを食べる奴


うつぶせになって食べる奴も

笹を食べているのか、おもちゃにしているのか…


短足っ!!


まさしく「頭でっかちの短足」ですね


パンダ座りをして食べる奴


何もこんな所まで運んで来なくても(苦笑)

←9月26日へ

9月27日その2へ→

▲このページのトップへ戻る

パンダ館もくじ | パンダに関する基礎知識 | アドベンチャーワールドの親子パンダ
王子動物園と上野動物園のパンダたち | 中国熊猫旅行 成都・臥龍のパンダたち | 雄浜・隆浜・秋浜@成都基地
パンダの壁紙ダウンロード | パンダの待ち受け画面集 | 町中のパンダたち | パンダ・リンク | 掲示板 | 更新履歴


Copyright ©2001-2010, MONZOU.